ファンメッセージボード
ベースボールパーティーブログ
スタッフブログ 一覧へ
プライバシーマーク
中日ドラゴンズ
プロ野球球団でセントラル・リーグ球団の一つ。親会社は中日新聞社
名古屋市東区にあるナゴヤドームを本拠地とし、2軍(ウエスタン・リーグ所属)本拠地は名古屋市中川区にあるナゴヤ球場。

1934年の大リーグ選抜チームが来日した際に、読売新聞社の正力松太郎氏が、名古屋でのプロ野球球団結成を新愛知新聞社の田中斎氏に依頼したのがきっかけで球団が誕生した。

1946年リーグ戦再開にチーム名を中部日本として再出発。
「ドラゴンズ」というニックネームは、1947年当時のオーナーだった中部日本新聞社社長・杉山虎之助の干支が辰年だった事から、辰=龍の英訳「ドラゴン」から「中部日本ドラゴンズ」となった。

翌年、木造の中日スタヂアム(中日球場)の完成と伴って、中日ドラゴンズに改称。
この中日球場は、試合中の火災により全焼しするなどの歴史をもつ。(のちに「ナゴヤ球場」に名称変更)
途中、球団名を名古屋ドラゴンズに改称した事もあったが、その後中日新聞の経営権譲渡等で「中日ドラゴンズ」に戻り現在に至る。

1954年、球団史上初のリーグ優勝、日本シリーズでは西鉄ライオンズを破り、日本一を果たす。
1974年には高木守道、星野仙一、谷沢健一らの活躍で、前人未到の巨人V10を阻止し、20年ぶり2度目のリーグ優勝を果たした。

1981年に近藤貞雄監督が就任。
大島康徳、田尾安志、宇野勝など「野武士野球」と呼ばれる攻撃的な打線、リリーフの牛島和彦や、継投を駆使する投手起用で、1982年には3度目のリーグ優勝に輝いた。

その後、高木守道監督率いる1994年は何といっても「世紀の10.8決戦」
この年、9月20日からの9連勝を含んだ猛烈な追い上げを見せ、土壇場で首位の巨人に並び、史上初の最終戦同率首位決戦までもつれこんだが、10・8決戦では落合博満、松井秀喜の本塁打や、当時3本柱と呼ばれた斉藤雅樹などの投手リレーでかわされ、辛くもリーグ優勝を逃す。

1997年にはナゴヤドーム完成に伴い、ナゴヤ球場から本拠地を移転。
守りの野球に転換して新時代をスタートさせる。

2004年に落合博満が監督就任後には、6度目のリーグ優勝を果たす等、安定した投手陣と堅い守り、打撃陣がうまく絡み合う「オレ竜野球」で安定したチーム力を見せ、2006年にも7度目のリーグ優勝に導く。

続く2007年はレギュラーシーズン2位も、クライマックスシリーズで優勝し、続く日本シリーズでは、北海道日本ハムファイターズに4勝1敗で勝ち、53年ぶり2度目の日本一に輝く。

2010年には8度目のリーグ優勝を記録して、クライマックスシリーズと合わせて初の完全優勝を果たした。

2011年は、142試合目にして優勝し球団史上初となるリーグ連覇を達成。クライマックスシリーズでは、ファーストステージを勝ち上がったヤクルトとファイナルステージを戦い、4勝2敗で2年連続となる日本シリーズ出場を決めた。
ソフトバンクとの日本シリーズでは、第6戦までお互いの本拠地で敗戦するという展開となったが、相手の本拠地での第7戦において敗れ、3勝4敗で日本一を逃している。

2012年、開幕戦の広島戦に勝利し、引き分けを挟んで5連勝で5月8日に首位に立つと、途中1日を除いて6月30日まで首位だったが最終的には巨人と10.5ゲーム差の2位に終わる。クライマックスシリーズのファーストステージではヤクルトに勝利したものの、続く巨人とのファイナルステージでは3連勝の後3連敗で敗退。

2013年、6月28日に山井大介が対横浜DeNAベイスターズ戦でノーヒットノーラン達成。2001年以来12年ぶりのBクラスが決定、最終的な順位は4位に終わった。シーズン終了後、燒リ監督は退任し、後任に谷繁元信が選手兼任監督として就任した。選手兼任監督は2006〜2007年のヤクルトの古田敦也以来、中日としては1955年の野口明以来3人目となる。

2014年は序盤から低調で交流戦では一時首位に立つなどしたが、8月に和田一浩が死球を受けて故障した上打者陣が軒並み不振に陥り球団ワースト記録の月間20敗を記録。9月5日、山本昌が対阪神戦(ナゴヤドーム)に先発として登板、5回無失点で勝利投手となり、浜崎真二の持つNPB史上最年長試合出場記録(48歳10か月)とNPB史上最年長勝利投手記録(48歳4か月)などの最年長記録を更新した。9月20日の対阪神戦(甲子園)に敗れ、球団では28年ぶりの2年連続シーズン負け越しが決まり、9月28日の対巨人戦(ナゴヤドーム)に敗れ、球団では28年ぶりの2年連続Bクラスとなった。

2015年、前半戦は20年ぶりの最下位に終わるも首位のDeNAとは4ゲーム差で折り返し最終成績は5位で終えた。

2016年、交流戦あたりからチームは低迷していき、最下位に転落し、本拠地最終戦となった9月25日の阪神戦に敗れ19年ぶりの最下位が確定した。


中日ドラゴンズは東海地方唯一のプロ野球球団ということもあり熱心なファンが多く、応援スタイルは選手別のヒッティングマーチを歌いながら、メガホンなどを叩くスタイルで、球団歌の「燃えよドラゴンズ!」は球場用応援バージョンでの合唱が特徴。

また、コアラをモチーフにした球団マスコット「ドアラ」は、単行本 『ドアラのひみつ』やDVDが発売されるほどの大人気。
ドアラはマスコットのアクション担当で、性別は男。
本人曰く「気弱で引っ込み思案な性格」との事だが、実際は本人の評価からはかけ離れるのではないかという声も多い。

ユニフォームの遍歴も個性的で、過去にはロサンゼルス・ドジャースとの提携によりドジャース風になった時代もある。
会社名 株式会社中日ドラゴンズ
創設年度 1936年
本拠地 ナゴヤドーム (1997年〜)
所在地 愛知県名古屋市東区大幸南一丁目1番1号
収容人員 38,414人
グラウンド面積 両翼 - 100 m 中堅 - 122 m
左右中間 - 116 m
練習場 中日屋内練習場
優勝回数 9回

日本一(2回) リーグ優勝(9回)
1954 | 2007 1954 | 1974 | 1982 | 1988 |
1999 | 2004 | 2006 | 2010 |
2011

通算成績 5092勝4765敗341分  勝率.517 (2016年シーズン終了時点)
永久欠番 10:服部受弘 | 15:西沢道夫
チームマスコット ドアラ、シャオロン、パオロン
球団歌 「燃えよドラゴンズ!」
監督 森 繁和 もり しげかず
背番号:80
身長 / 体重:182cm / 85kg
生年月日:1954年11月18日
投打:右投右打
経歴:住友金属-西武(1979〜1988)
監督:西武(1989〜1999)-日本ハム(2000〜2001)-横浜(2002〜2003)-中日(2004〜2011、2014〜)
タイトル:最優秀救援投手(1983年)
主力選手 岩瀬 仁紀 いわせ ひとき
背番号:13
ポジション:投手
身長 / 体重:181cm/85kg
生年月日:1974年11月10日
投打:左投左打
経歴:西尾東高−愛知大−NTT東海−中日(1999年〜)
タイトル:最優秀中継ぎ(1999、2000、2003年)、最多セーブ(2005、2006、2009、2010、2012年)
大島 洋平 おおしま ようへい
背番号:8
ポジション:外野手
身長 / 体重:176cm/74kg
生年月日:1985年11月9日
投打:左投左打
経歴:徳重小-扇台中-享栄高-駒澤大-日本生命-中日(2010年〜)
タイトル:盗塁王(2012年)
ベースボールパーティーとは
ページトップへ