ファンメッセージボード
ベースボールパーティーブログ
スタッフブログ 一覧へ
プライバシーマーク
東京ヤクルトスワローズ
プロ野球球団でセントラル・リーグ球団の一つ。
東京都新宿区にある明治神宮野球場を本拠地とし、2軍(イースタン・リーグ所属)本拠地は埼玉県戸田市にあるヤクルト戸田球場。

1950年 国鉄スワローズとして発足。
スワローズの名称は、当時の国鉄では唯一の特急列車で、日本最速だった「つばめ」号に由来している。
球団旗には列車に使われていたつばめマークを採用した。

1966年には少年野球ファン開拓のためという理由とともに、漫画家の手塚治虫氏が当時球団後援会副会長だったということもあり、鉄腕アトムをペットマークに使用して、チーム名をサンケイアトムズに改称する等、その後数十年の間、球団名の変更をくり返りながら、1970年にはサンケイからヤクルトへ経営権が譲渡されて、現在に至る。

1978年には広岡達郎監督のもと、若松勉、大杉勝男、松岡弘選手を擁し、球団創設以来初のリーグ優勝、日本シリーズでも阪急を破って日本一を達成した。
1990年から指揮をとった野村勝也監督により、1992年、1993年とリーグ2連覇、1993年には二度目の日本一となった。
その後、1995年、1997年にも優勝を飾るなど、ヤクルトスワローズの黄金時代を築いた。

4年後の2001年には、若松勉監督のもと、巨人を振り切りリーグ優勝。
リーグ優勝を達成した際の監督インタビューで、「ありがとうございます」と言うべきところを、「ファンの皆様・・おめでとうございます」と言ってしまったという有名なエピソードがあり、この年の流行語大賞にも選ばれた。
続く日本シリーズへの意気込みの際にも「オールスターでも・・」と口走り球場は大爆笑。
しかし、大阪近鉄バファローズを4勝1敗で破って、見事日本一の座に輝いている。

2006年シーズンからは古田敦也が選手兼任監督として指揮を執り、地元密着型の「東京ヤクルトスワローズ」へチーム名を変更。
ユニフォームに「Tokyo」の文字が復活した。

2007年、青木宣親が首位打者、アレックス・ラミレスが打点王、セス・グライシンガーが最多勝投手になる。9月、古田の現役引退・退団が発表された。

2009年、3年ぶりのAクラス入り。中日とのクライマックス・シリーズ第1ステージでは、第1戦は石川の好投とデントナの逆転本塁打で勝利したが、新型インフルエンザにより選手が離脱したことも響いて、2・3戦と中日に2連敗。1勝2敗で敗退した。

2011年、開幕直後は好調で4月下旬にはセ・リーグの首位に立ったが、最終的にペナントレースは、70勝59敗15分2.5ゲーム差の2位に終わる。対巨人戦は12勝8敗4分と11年ぶりに勝ち越した。クライマックスシリーズファーストステージで巨人に2勝1敗で勝利、球団初のファイナルステージに進出したが、中日に2勝4敗で敗退。石井弘寿が現役引退。バレンティンが本塁打王を獲得。

2012年、青木宣親がポスティングシステムを利用して大リーグ・ミルウォーキー・ブルワーズに移籍。ペナントレースは、3位確定とし2年連続のクライマックスシリーズ出場を決める。クライマックスシリーズファーストステージでは、中日と対戦。1勝1敗とした第3戦で1対0でリードしていた8回裏にトニ・ブランコに満塁本塁打を打たれて逆転され1勝2敗で敗退。

2013年、ウラディミール・バレンティンが8月に日本プロ野球新記録の月間18本塁打を記録するなど本塁打を量産、9月15日の対阪神戦(神宮)で日本プロ野球新記録のシーズン56号本塁打とアジア野球新記録の57号本塁打を記録し、この年60本として3年連続本塁打王を獲得。投手では新人の小川泰弘が16勝4敗で最多勝と勝率第1位投手賞の2冠を獲得。宮本慎也が引退。

2014年、終盤まで最下位に低迷し、9月22日に小川淳司監督が球団に申し入れ、今季限りで監督を辞任することを会見で表明、9月29日の対広島戦(マツダ)に敗れ2年連続最下位が決まった。10月8日、後任にチーフ打撃コーチの真中満の就任が発表された。

2015年、前半戦は4位ながらも首位・DeNAとは僅差の状態で後半戦へ、阪神・巨人とのデッドヒートの末、終盤に阪神を交わし首位に立ち9月27日の対巨人戦に勝利し、優勝へのマジックナンバー「3」が点灯。そして10月2日、阪神との本拠地(神宮球場)最終戦を2-1で勝利し、14年ぶり7度目のセ・リーグ優勝を決めた。クライマックスシリーズのファイナルステージでは、ファーストステージ勝者の巨人と対戦。4勝1敗(アドバンテージ1勝含む)で初のクライマックスシリーズ制覇、14年ぶりの日本シリーズ進出が決定した。日本シリーズでは、福岡ソフトバンクホークスと対戦し1勝4敗で敗退した。

2016年、前半戦は最下位で折り返すも後半戦は順位を上げたがシーズン最終戦で阪神タイガースに抜かれ5位に終わっている。


東京ヤクルトスワローズの応援スタイルは、得点が入るとビニール傘を振りながら「東京音頭」を歌うのが特色で、東京音頭で振る傘は、緑や青(球団カラー)のビニール傘か、ヤクルト球団が発売している応援グッズの小さいマスコット傘が一般的。
この「傘」使った応援スタイルは、「より多くの観客がいるように見えるよう」「応援グッズを買わなくても、家にあるもので応援に参加してもらえる」という趣旨で始まったとの事。
会社名 株式会社ヤクルト球団
創設年度 1950年
本拠地 明治神宮野球場
所在地 東京都新宿区霞ヶ丘町3ー1
収容人員 35,650人
グラウンド面積 両翼 - 101m 中堅 - 120m
練習場 戸田球場
優勝回数 6回

日本一(5回) リーグ優勝(7回)
1978 | 1993 | 1995 | 1997 | 2001 1978 | 1992 | 1993 | 1995 | 1997 | 2001 | 2015

通算成績 4060勝4606敗298分 勝率.468(2016年シーズン終了時点)
永久欠番 なし
チームマスコット つば九郎、つばみ
球団歌 「青春のダイヤモンド」「新・飛び出せヤクルトスワローズ」「We Are The Swallows」
監督 真中 満 まなか みつる
背番号: 77
身長 / 体重:170cm / 85kg
生年月日:1971年1月6日
投打:左投左打
経歴:宇都宮学園高(甲)−日大
主力選手 由規 よしのり
背番号:11
ポジション:投手
身長 / 体重:179cm/80kg
生年月日:1989年12月5日
投打:右投左打
経歴:仙台育英学園高校−ヤクルト(2008年〜)
山田 哲人 やまだ てつと
背番号:1
ポジション:投手
身長 / 体重:180cm/76kg
生年月日:1992年7月16日
投打:左投右打
経歴: 履正社高(甲)−ヤクルト(2013年〜)
タイトル:最多安打(2014年)、本塁打王(2015年)、最高出塁率(2015年)、盗塁王(2015、2016年)、MVP(2015年)、ベストナイン(2014、2015、2016年)
石川 雅規 いしかわ まさのり
背番号:19
ポジション:投手
身長 / 体重:167cm/70kg
生年月日:1980年1月22日
投打:左投左打
経歴:秋田商高-青山学院大−ヤクルト(2002年〜)
タイトル:新人王(2002年)、最優秀防御率(2008年)、ゴールデングラブ(2008年)
ページトップへ