ファンメッセージボード
ベースボールパーティーブログ
スタッフブログ 一覧へ
プライバシーマーク
よく、テレビなどで「クライマックスシリーズ(CS)」と言う単語を聞きますが、どういったことがご存知でしょうか。 婚活パーティーでも話題に上ることでしょう。そんな時に「野球にはまったばかりで、まだそんなに詳しくなくて・・・」などと言わずに、一緒に会話を盛り上げたいですよね。 今回は、クライマックスシリーズについてご説明いたします。
クライマックスシリーズとは?
クライマックスシリーズとは?プロ野球は、パシフィック・リーグ(以下パ・リーグ)とセントラル・リーグ(以下セ・リーグ)の2種類があることは周知の事実。クライマックスシリーズとは、パ・リーグとセ・リーグの上位3チームが、日本選手権シリーズの出場をかけて行なう試合です。2004年〜2006年にパ・リーグで使われていたプレーオフの制度を土台として、2007年から日本のプロ野球界で使われています。

※日本選手権シリーズ(以下日本シリーズ)とは・・・パ・リーグとセ・リーグの1位同士が戦い、日本一の球団を決める試合です。
クライマックスシリーズ導入の経緯
クライマックスシリーズが導入される前は、レギュラーシーズン(以下ペナントレース)の1位同士が日本シリーズで戦っていました。

皆様は、日本選手権シリーズの優勝が決まった後もペナントレースを観戦しますか?ソフトバンクホークスのファンの皆様は、「ソフトバンクの試合であれば観る」と答える方が多いでしょうが、消化試合では観客数がどうしても減ってしまいます。

この消化試合をできるだけ減らそうという目的で、2004年〜2006年の3年間、セ・リーグでは上位3球団によるトーナメント方式が導入されたのです。これにより、1位が決まっても2位3位を決定する試合を応援しようとする人が増え、トーナメントにも多くの観客が集まり、興行的に成功しました。 ちなみに、2004年も2005年も、ペナントレースでは1位を獲れなかった球団が勝ち上がり、見事日本シリーズで優勝したのです。そしてこの3年間、日本シリーズで勝ち続けたのは、トーナメント方式のプレーオフを取り入れた、セ・リーグだったのです。

そこで、プロ野球実行委員会で2007年からは両リーグで導入することが決定し、ネーミング案を一般公募することに。結果、「クライマックスシリーズ」という名称に決定しました。
クライマックスシリーズの概要
クライマックスシリーズの概要ファーストステージ(第1ステージ)では、ペナントレースの2位と3位の球団が3回試合制で対戦をします。先に2勝したチームが、ファイナルステージ(第2ステージ)で1位の球団と対戦をすることになるのです。同じ勝敗数の際は、2位球団が勝者に。

ファイナルステージは6回試合をおこないます。ペナントレース1位の球団には1勝のアドバンテージが与えられており、これも含めて4勝した球団が日本シリーズの出場権を獲得するのです。引き分けで同じ勝ち数になった際には、1位の球団がクライマックスシリーズ優勝となります。
出場チームを決めるためのルール
クライマックスシリーズは、ペナントレースの上位3チームが出場することになりますが、この上位3チームの決め方を説明します。
パ・リーグの場合
1.勝率により順位を決める
2.勝率が同じチームがある場合は、球団間の対戦勝率が高い方が上位となる
3.シーズン中の交流戦を除き勝率が高い方を上位とする
4.上記のルールでも勝敗が決まらない場合は、前年度ペナントレースでの順位が高いチームを上位とする
セ・リーグの場合
1.勝率により順位を決める
2.勝率が同じチームがある場合は、勝利数が多いチームが上位になる
3.勝率も勝利数も同じチームがある場合は、シーズン中に球団間の対戦勝率が高い方を上位とする
4.上記のルールでも勝敗が決まらない場合は、前年度ペナントレースでの順位が高いチームを上位とする
クライマックスシリーズの賛否
クライマックスシリーズの賛否クライマックスシリーズに対して、否定的な意見もあります。簡単にまとめると、以下のようなことが批判の対象となっています。

・ペナントレースで1位になった球団以外のチームが日本シリーズで
 対戦する可能性があること
・勝率5割未満の球団でも日本シリーズにすすめること
・6チーム中3チームが出場できること

しかし、シリーズの入場者数が多く、消化試合は少なくなるといった効果が出ています。

婚活シートでクライマックスシリーズの賛否について話題に出すのはおすすめしません。いいなと思ったお相手が賛成派か否定派か分かりませんし、ネガティブな話は婚活では避けるのが無難です。
同じソフトバンクホークスのファン同士、野球婚活で楽しく充実した時間をお楽しみください。
ページトップへ