ファンメッセージボード
ベースボールパーティーブログ
スタッフブログ 一覧へ
プライバシーマーク
プロ野球では、レギュラーシーズン、クライマックスシリーズ、日本選手権シリーズといった試合があります。 ソフトバンクホークスのファンの皆様なら、耳に馴染んだ言葉かと思いますが、ここでは、日本選手権シリーズがどのようなものなのか、おさらいしてみましょう。

婚活シートでの野球観戦婚活には興味があるけれど、プロ野球についてはそんなに詳しくないと言う方も、ぜひここで学んでください。婚活パーティーで話題に出ることもあるので要チェックです。
日本シリーズとは
日本シリーズとはプロ野球は、パシフィック・リーグ(以下パ・リーグ)とセントラル・リーグ(以下セ・リーグ)の2つに分かれ、レギュラーシーズン(以下ペナントレース)をおこなっています。

ペナントレース上位3位が、パ・リーグとセ・リーグに分かれそれぞれクライマックスシリーズ(CS)を戦い、優勝したチームが日本選手権シリーズ(以下日本シリーズ)で日本一を決める試合をおこないます。

昔はペナントレース1位同士が戦い日本一を決めていましたが、2007年よりプロ野球実行委員会でクライマックスシリーズのプレーオフが決定されました。
なお、「にほんシリーズ」と呼んでいる方も多いですが、ローマ字表記は「NIPPON SERIES」。正式には「にっぽんシリーズ」と呼びます。
日本シリーズの概要
日本シリーズは7回戦行なわれます。先に4勝した球団が優勝となり、その年の日本一の球団として認められるのです。
延長は15回目まで。引き分けとなった場合、再試合はありませんが、8回戦以降は無制限で延長戦がおこなわれます。
2005年より、勝者はアジアシリーズの出場権を獲得できるようになりました。
日本シリーズの歴史
日本シリーズの歴史日本シリーズが始まったのは1950年。
その5年前の1945年9月、第二次世界大戦が終わりました。戦争が終わると、すぐにプロ野球は活動を再開し、1945年11月には明治神宮野球場で東西対抗戦がおこなわれます。国民の数少ない娯楽に多くの観客が集まり、1946年より8球団で本格的なシーズンが再開に至ったのです。

当時GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が、野球を「敗戦下の日本国民に娯楽を与える制作」の1つとして早々にプロ野球の興行を許可したことが起因し、戦前は学生の趣味として考えられていた野球の名声が一変したのです。

その後、アメリカ合衆国で導入されているメジャーリーグベースボールに倣い、1949年に日本も2リーグ制へと移行することが決まります。しかし、2リーグ制の実施は、8球団すべての意見が一致したわけではなく、両リーグの対立は激化。パ・リーグとセ・リーグに分かれて試合をすることはできても、優勝チーム同士が試合をすることができるような雰囲気ではありません。

そこで、GHQが両リーグに対し日本シリーズをおこなうよう提案したのです。
日本シリーズの名称
第1回目〜4回目までは、『日本ワールドシリーズ』と言う名称で、アメリカ・メジャーリーグベースボールを参考にしていました。

日本シリーズには、長い間大会協賛スポンサーはついていませんでしたが、2011年〜2013年の3年間コナミ株式会社が大会特別協賛スポンサーとなり、大会名称が『KONAMI日本シリーズ』となったこともあります。その後2014年〜2016年の3年間では三井住友銀行がスポンサーとなり『SMBC日本シリーズ』が開催されました。
試合開始時間について
試合開始時間について日本シリーズが開催されるのは、10月。気候は冬に向かい寒くなり、日没もはやくなってきます。休日平日問わず、デーゲームの試合がおこなわれていました。

そんな日本シリーズの初めてのナイトゲームが、1964年。南海ホークス(現ソフトバンクホークス)と阪神タイガースの試合です。理由は、東京オリンピック開催を妨げないため。東京オリンピック開催の10月10日までに全日程を終了させるよう試合を組んでいきました。しかし、第6戦が雨天順延となり、結局オリンピック開催の10月10日に最終試合をおこなうことに。結果、シリーズ歴代で平均観客動員数最低記録を残してしまいます。

1965年からは元のデーゲームの開催に戻りましたが、平日開催の観戦が難しいため、1994年より試験的にナイトゲームを実施し、評判が良かったため1995年よりナイトゲームに移行しました。1993年の日本シリーズが、全試合デーゲームで開催された最後のシリーズとなります。

現在では、よほどの理由がない限りはナイトゲームが基本です。
ページトップへ