ファンメッセージボード
ベースボールパーティーブログ
スタッフブログ 一覧へ
プライバシーマーク
埼玉西武ライオンズ
プロ野球球団でパシフィック・リーグ球団の一つ。
埼玉県所沢市にある西武ドームを本拠地とし、2軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は隣接する西武第二球場。

セントラルリーグと、パシフィックリーグの2リーグ制スタートを契機に、1950年福岡県福岡市に西鉄野球株式会社を設立し、西鉄クリッパーズというチーム名でパ・リーグへ所属した。翌年、同じ福岡市を本拠地としていた西日本パイレーツを合併して西鉄ライオンズとなる。

1956年からは「知将」と呼ばれた三原脩監督の采配で日本シリーズ3連覇を達成。この当時、投手では「鉄腕」稲尾和久、打者には大下弘・中西太・豊田泰光・仰木彬らの主力選手がおり、荒々しく体力に満ち溢れた選手たちは「野武士軍団」と呼ばれた。
その後、経営母体の変更や提携などで3度の球団名の変更を繰り返すなど、変化の時期をさまよい、1978年に国土計画(コクド)が母体となって「西武ライオンズ」となる。本拠内も福岡の平和台球場に別れをつげ、埼玉県所沢市の西武ライオンズ球場にフランチャイズ移転する。

広岡達朗が監督就任した1982年にはすぐにチーム改革を実施、前期優勝と3勝1敗でプレーオフも制し、西武ライオンズとして初めての19年ぶりのリーグ優勝を果たす。続く日本シリーズでも4勝2敗で中日ドラゴンズを破り、24年ぶりの日本一に輝いた。

翌年もシーズン序盤から首位を独走し、圧倒的な強さで2年連続リーグ優勝。
続く日本シリーズでも読売ジャイアンツを4勝3敗で下し、2年連続日本一を達成し西武の黄金時代を築いた。

1986年からは森祇晶監督がさらなる黄金時代を築く事となる。
投手では渡辺久信、郭泰源、工藤公康などが、最多勝、最多勝率の首位を毎年独占する活躍ぶり、野手ではデストラーデ、石毛宏典、伊東勤、辻発彦、平野謙や、AK砲と呼ばれた秋山幸二と清原和博などが揃う圧倒的な戦力で、1986年〜1994年の9シーズンで8度のリーグ優勝と6度の日本一を果たし「常勝西武」と言わしめた。

その後、東尾修監督のもと世代交代に成功し、 1997年、1998年とリーグ2連覇、続く1999年には西武ライオンズ球場に屋根が完備され「西武ドーム」が完成、2002年には圧倒的な強さで独走し90勝でパリーグ優勝する。

2008年には地域密着とファンから愛される球団を目指し、チーム名を「埼玉西武ライオンズ」に変更し現在に至る。
初年度には渡辺久信監督のもと、リーグ優勝とともにクライマックスシリーズも制し完全優勝を果たし、続く日本シリーズでも激戦の末4勝3敗で日本一に輝いた。

2009年からはペットマーク、チームネームロゴ、ユニフォームなど一新し、新たなスタートを切った。チームカラーも今までのライトブルーから、紺(レジェンドブルー)に変更するなど、落ち着きのあるシックな雰囲気となった。

2012年5月1日、西鉄時代の大投手稲尾和久の背番号「24」を永久欠番とすることを発表、7月1日の西武ドームでの対日本ハム戦にはメモリアルゲームとしてこの試合に出場した選手全員が背番号24を着用した。 ペナントレースは、日本ハムとの優勝争いとなったが、10月2日の試合に敗れたことで優勝を逃し2位に終わる。中村剛也が本塁打王を獲得。オフには、中島裕之が海外FA権を行使し、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスに入団。

2013年は、リーグ一番乗りで10勝に到達するなど開幕ダッシュに成功したものの、結果3位になり、クライマックスシリーズファーストステージ終了翌日の10月15日、渡辺久信監督が球団に申し入れ辞任した。渡辺久信は球団シニアディレクターに就任することとなった。10月22日、後任の監督に2002年から2年間西武の監督を務めた、伊原春樹が10年ぶりに監督に復帰、石井一久が引退。オフにはFA移籍で片岡治大が巨人に、涌井秀章がロッテに移籍。

2014年、開幕から3連敗スタートで、5月25日には両リーグ最速の30敗に到達するなどチームは最下位に低迷。6月3日に伊原は自ら休養を申し入れ、球団はこれを了承、翌6月4日のシーズン53試合目の対DeNA戦後に、伊原の休養と監督代行に打撃コーチの田辺徳雄の就任を発表。6月27日、伊原からの辞任の申し入れによる監督退任と、伊原の7月1日付での球団本部付アドバイザーへの就任を発表した(田辺の監督代行職はそのまま)。

2015年、前半戦を3位で折り返したが、後半戦になると失速し最終順位は4位でシーズンを終えた。

2016年、前半戦一時は首位に立つが5月5日には最下位に転落してしまい最終順位は4位でシーズンを終えた。シーズン最終戦で田邊監督の退任が正式発表され、後任にはOBの辻発彦が就任した。
会社名 株式会社西武ライオンズ
創設年度 1950年
本拠地 西武ドーム
所在地 埼玉県所沢市大字上山口2135番地
収容人員 33,921人
グラウンド面積 両翼 -100m 中堅 -122m  左右中間 -116m
練習場 西武第二球場
優勝回数 21回

日本一(13回) リーグ優勝(21回)
1956 | 1957 | 1958 | 1982 | 1983 | 1986 | 1987 | 1988 | 1990 | 1991 | 1992 | 2004 | 2008 1954 | 1956 | 1957 | 1958 | 1963 | 1982 | 1983 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1997 | 1998 | 2002 | 2004 | 2008

通算成績 4577勝4079敗359分  勝率.529(2016年シーズン終了時点)
永久欠番 なし
チームマスコット レオ ライナ
球団歌 「地平を駈ける獅子を見た」
監督 辻 発彦 つじ はつひこ
背番号:85
身長 / 体重:182cm/80kg
生年月日:1958年10月24日
投打:右投右打
経歴:佐賀県立佐賀東高等学校 - 日本通運 - 西武ライオンズ(1984〜1995) - ヤクルトスワローズ(1996〜1999)
監督・コーチ歴:ヤクルトスワローズ (2000〜2001)、横浜ベイスターズ(2002〜2004)、中日ドラゴンズ(2007〜2011、2014〜2016)、埼玉西武ライオンズ(2017〜)
タイトル:ゴールデングラブ賞(1986年、1988〜1994年)、ベストナイン(1986年、1989年、1991〜1993年)
主力選手 菊池 雄星 きくち ゆうせい
背番号:16
ポジション:投手
身長 / 体重:184cm/98kg
生年月日:1991年6月17日
投打:左投左打
経歴:花巻東高(甲)-埼玉西武(1位 10〜)
中村 剛也 なかむら たけや
背番号:60
ポジション:内野手
身長 / 体重:175cm/102kg
生年月日:1983年8月15日
投打:右投右打
経歴:大阪桐蔭高-西武(2巡目 02〜)
タイトル:最多本塁打(2008、2009、2011、2012年) 最多打点(2009、2011年) ベストナイン(2008、2009、2011、2012年) オールスター最優秀選手賞(2011年/第2戦)
栗山 巧 くりやま たくみ
背番号:1
ポジション:外野手
身長 / 体重:177cm /85kg
生年月日:1983年9月3日
投打:右投左打
経歴:育英高-西武(2002年〜)
タイトル:最多安打者(2008年)、ベストナイン(2008、2010年)、ゴールデングラブ(2010年)
ページトップへ