ファンメッセージボード
ベースボールパーティーブログ
スタッフブログ 一覧へ
プライバシーマーク
千葉ロッテマリーンズ
プロ野球球団でパシフィック・リーグ球団の一つ。
千葉市美浜区にある千葉マリンスタジアムを本拠地とし、2軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地はさいたま市南区にあるロッテ浦和球場。

1949年9月に親会社を毎日新聞社とする毎日球団が設立。毎日オリオンズをチーム名とし、1950年のパリーグ公式戦開始より参戦すると、創設1年目にしてリーグ優勝と日本一を達成した。

その後、経営母体の変更や提携などで球団名の変更を繰り返し、専用球場の「東京スタジアム」完成に伴い1962年には本拠地を移すと、1964年にチーム名を東京オリオンズに改称した。 1969年にはロッテをスポンサーとして業務提携を結び、チーム名を「ロッテオリオンズ」に改称した。
翌年、濃人渉監督の指揮のもと、安定した投手陣と強力打線でリーグ優勝。

1973年東京スタジアム解体にともない、宮城県仙台市の県営宮城球場を中心に東京の後楽園球場などを転々としつつ主催試合を行った。
翌年には金田監督のもと、有藤道世、村田兆治らが活躍して2度目のリーグ優勝を果たし、続く日本シリーズでも中日ドラゴンズを破り24年ぶりの日本一に輝く。

1978年には神奈川県川崎市にフランチャイズを移転、川崎球場が本拠地となる。
張本勲の3000本安打、落合博満の2年連続三冠王、ダイナミックな「マサカリ投法」でファンを沸かせた村田銚治の200勝利、西村徳文の4年連続盗塁王、牛島和彦の最優秀救援投手など、歴史に名を残す名選手の輝かしい記録が刻まれている。

1992年にフランチャイズを千葉市へ移転、一般公募により「千葉ロッテマリーンズ」に球団名を変更し現在に至る。
1995年には日本プロ野球界初のゼネラルマネージャーとして広岡達郎が就任すると、メジャーリーグでの監督経験のあるボビーバレンタイン監督を低迷していたチームを2位へと躍進させた。
またボビーレンタインが監督復帰した2004年には、2005年から導入されたセ・パ交流戦で初代チャンピオンとなり、変則的に打線が入れ替わる日替わり打線などを駆使したその采配は「ボビーマジック」と呼ばれた。

2010年から後任に西村徳文監督が就任。チームスローガンに「和」を掲げ、史上最大の下剋上を果たす。 クライマックスシリーズのファーストステージでは西武に2連勝。ファイナルステージではソフトバンクに土壇場から3連勝で、史上初のリーグ3位からの日本シリーズ進出となった。 続く日本シリーズでは、セリーグ優勝の中日ドラゴンズと、引分試合を挟むなど、史上まれにみる連日の大接戦を制し、4勝2敗1分で5年ぶり4度目の日本一を勝ち取り、パリーグ初のリーグ優勝せずに日本シリーズを制した球団となった。

2012年、ペナントレースは開幕戦から1952年以来の60年ぶりの4連勝をするなど、前半戦を42年ぶりの首位で折り返したが、最終的に62勝67敗で5位に終わる。角中勝也が首位打者を獲得、独立リーグ出身の打者としては初めてとなる。二軍はイースタンリーグ優勝、ファーム日本選手権でもソフトバンクを3対1で下し2年ぶり3度目の日本一になる。この年、益田直也が中継ぎとしてリーグ2位、新人最多記録の72試合に登板し、新人記録となる41ホールド、43ホールドポイントを挙げ最優秀新人賞を獲得。 10月8日に西村が監督退任、ヘッドコーチの高橋慶彦ら8人のコーチも退団。10月18日、監督に伊東勤が就任した。

2013年、5月9日に7年ぶりの8連勝でペナントレース首位に立つが最終的に優勝は逃す。10月4日にソフトバンクが対日本ハム戦(札幌ドーム)に4対5で敗れた為、この日試合のなかったロッテの3年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決定。クライマックスシリーズファーストステージ(西武ドーム)は西武に2勝1敗で勝利したが、ファイナルステージは楽天の田中投手の活躍に阻まれ、楽天に1勝4敗で敗退した。

2014年、9月25日の対日本ハム戦(QVC)に敗れ、Bクラスが確定しクライマックスシリーズ進出の可能性がなくなった。

2015年、前半戦を4位で終えた。後半戦から終盤戦にかけては西武との激しい3位争いを繰り広げ最終的に3位でシーズンを終え2年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決定した。クライマックスシリーズのファーストステージはシーズン2位の日本ハムと対戦し、2勝1敗でファイナルステージ進出を決めた。ファイナルステージではレギュラーシーズン1位のソフトバンクと対戦したが3連敗(アドバンテージ分除く)で敗退した。

2016年、開幕当初は首位に立つこともあったが、最終的にリーグ3位が確定しクライマックスシリーズ進出と31年ぶりの2年連続Aクラス入りした。クライマックスシリーズでは、リーグ2位のソフトバンクと対戦するも、2戦全敗で敗退した。

本拠地の千葉マリンスタジアムは海との距離が極端に近いため、秒速10mを超える事も珍しくない強い海陸風「マリン風」が吹き荒れる。
球場上空とフィールド上で風向が異なる事によって、普通なら外野まで飛ぶような打球が内野まで押し戻されたり、投球が予想外の変化をするような事が頻繁に起こる。
ビジターチームの多くの選手を悩ますこの「マリン風」も、ロッテの選手達は逆手にとって風を武器に試合を進めている。
また、スコアボードに風速と風向表示が設けられているのもマリンスタジアムならでは。

マフラータオル、メッセージボード等を両手に広げ、メガホンを用いない手拍子を主体とした声によるロッテファンの応援も熱い。
メッセージを書き込んだ両手持ちの旗「ゲートフラッグ」を掲げたり、ミニフラッグと呼ばれる小旗を一斉に振っての応援が特徴で、マリーンズファンの多くは、ホームではホーム用をビジターではビジター用のレプリカユニフォームを着用する。
このレプリカユニフォームを着てのプロ野球観戦を定着させたのは、マリーンズファンと言っても過言ではない。
会社名 株式会社千葉ロッテマリーンズ
創設年度 1950年
本拠地 千葉マリンスタジアム「QVCマリンフィールド」
所在地 千葉県千葉市美浜区美浜1番地
収容人員 30,200人
グラウンド面積 両翼 -99.5m 中堅 -122m  左右中間 -116.3m
練習場 ロッテ浦和球場
優勝回数 5回

日本一(4回) リーグ優勝(5回) セ・パ交流戦優勝(2回)
1950 | 1974 | 2005 | 2010 1950 | 1960 | 1970 | 1974 | 2005 2005 | 2006

通算成績 4355勝4285敗362分 勝率.504(2016年シーズン終了時点)
永久欠番 26 ファンのための欠番(一軍の25人に次ぐ26番目の選手)
チームマスコット マーくん リーンちゃん ズーくん
球団歌 「WE LOVE MARINES」
監督 伊東 勤 いとう つとむ
背番号:83
身長 / 体重:181cm/84kg
生年月日:1962年8月29日
投打:右投右打
経歴:熊本工高(甲)-所沢高-西武(82 1位)-韓国・斗山ベアーズ
タイトル:首位打者(1990年)、盗塁王(1986〜1989年)、
ベストナイン:(1985〜88,90〜92,97,98,2002年)
ゴ−ルデングラブ:(1985〜88,90〜92,94,95,97,1998年 )
最優秀選手:(1990年)
主力選手 石川 歩 いしかわ あゆむ
背番号:12
ポジション:投手
身長 / 体重:186cm/80kg
生年月日:1988年4月11日
投打:右投右打
経歴:富山県立滑川高等学校 - 中部大学 - 東京ガス - 千葉ロッテマリーンズ(2014〜)
タイトル:新人王(2014年)、最優秀防御率(2016年)
吉田 裕太 よしだ ゆうた
背番号:24
ポジション:捕手
身長 / 体重:183cm/94kg
生年月日:1991年7月21日
投打:右投右打
経歴:日大三高(甲)-立正大-千葉ロッテ(ドラフト2 '14〜)
井口 資仁 いぐち ただひと
背番号:6
ポジション:内野手
身長 / 体重:178cm/91kg
生年月日:1974年12月4日
投打:右投右打
経歴:国学院久我山高-青山学院大-福岡ダイエー(1997〜2004年)-ホワイトソックス(2005〜2006年)-フィリーズ(2007年)-パドレス(2008年)-フィリーズ(2008年)-千葉ロッテ(2009年〜)
タイトル:盗塁王(2001、2003年)、ベストナイン(2001、2003、2004年)、
ゴ−ルデングラブ(2001、2003、2004年)
ページトップへ