ファンメッセージボード
ベースボールパーティーブログ
スタッフブログ 一覧へ
プライバシーマーク
覚えておくと便利!専門用語 は行
は行
パシフィックリーグ 日本プロ野球のリーグの1つで、略してパ・リーグと呼ばれ、下記6球団が加盟している。
福岡ソフトバンクホークス
埼玉西武ライオンズ
千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
バスター バッターがバントをすると見せかけた後、突然構えなおして通常のバッティングする打撃方法。
パスボール 当然捕球出来るはずのピッチャーの投球を、キャッチャーが捕り損なって後方に逸らしてしまう事で「捕逸」とも言う。
バックアップ 味方の野手がボールを捕り損なったりした場合にフォローするため、守備をしている野手の後ろにまわりこんでその守備を助ける事。
バックネット 球審の背後に張ってある金網。
バックホーム バッターが打ち、塁上のランナーがホームインして得点するのを阻止するため、野手がキャッチャーに返球する事。前進守備の事を「バックホーム態勢」とも言う。
パワーヒッター 力のある打者。
バッター ピッチャーが投げたボールを打つ選手の事で「打者」とも言う。
試合前に提出された打順表に従って9人の選手が順番に打ち、バッターは本塁の左右に設けられたバッターズボックスの中から打たなければならない。
バッターインザ
ホール
2ストライク0ボール、2ストライク1ボールのように、バッターにとって不利となっているボールカウントの事。
バッティング ピッチャーの投げたボールをバットを振って打つ事で、「打撃」とも言う。
バッテリー ピッチャーとキャッチャーの総称。
パーフェクトゲーム ヒット、ホームラン、内野安打や、エラーや四死球によるランナーを一度も塁上に出さず、相手チームを0点に抑えた「完全試合」の事。
ハーフスイング ボールを打とうとして振り出したバットを途中で止める事。
ハーフスイングが「スイング」と審判に認められればストライクとなる。
バント バットを振らずにボールに確実に当て、ボールを地面に転がすようにする打ち方で、「犠打」とも言う。
ひ行
ビジター 敵の本拠地となる球場に招かれた相手チーム。
ピッチャー バッターに対して投球する守備側の選手で、「投手」とも言う。
ピッチャー
インザホール
0ストライク3ボール、1ストライク3ボールのように、ピッチャーにとって不利となっているボールカウントの事。
ヒット バッターがボールを打った事により出塁する事。
ヒットエンドラン バッターとランナーがサインにより、ピッチャーの投球と同時にランナーがスタートし、同時にバッターは投げられたボールを必ず打つ作戦の事。
ランナーが投球と同時に走りだす事により、先の塁へ進む事の出来る確率があがるが、バッターが空振りしてしまった場合にランナーアウトになる危険があったり、打球がフライやライナーで捕球アウトにされてしまった場合は、帰塁できず、併殺となる危険も伴うプレーである。
ビハインド 試合中、相手チームより得点が少ない状況を指す。
ピンチヒッター チャンスの場面など、本来打つべき選手に代わって打撃を行う選手の事で、「代打」とも言う。
その時点でまだ一度も試合に出場していない選手のみピンチヒッターになれる。
代打を送られた選手はその時点でベンチにさがり、代打で打席に立った打者は基本的にそのままその後の守備につく。
ピンチランナー 出塁した選手に代わってランナーとして出場する選手の事で、「代走」とも言う。代走を送られた選手はその時点でベンチにさがる。
ビーンボール バッターを威嚇するため、バッターの頭部周辺を狙ってピッチャーが投球する事。
ふ行
ファインプレー 素晴らしいプレーの事で、美技、妙技、好プレーなどとも言われる。
普通ではとても捕球できそうにない打球を見事に捕球したり、華麗な送球を行うなど、多くは守備に関して使われる。
ファウル ファウルラインより外側に飛んでいった飛球。
ファウルチップ バッターが振ったバットにボールがかすり、かすって弾けたボールを地面につく前にキャッチャーが捕球する事でストライクになる。
ファースト 一塁ベース周辺を守る選手の事で一塁手とも言う。
野手からボールを送球される事が多いため「ファーストミット」という捕球しやすい専用グローブを使って守備につく。
ファンブル 野手がボールを処理するときボールが手につかず、ボールをはじいてしまう事や、落としはしないがお手玉しているような状態で「ジャッグル」とも言う。
フィルダーズ
チョイス
捕球した野手が送球すべき塁の判断を間違って、アウトを捕り損ねてしまう事。
フィールディング 捕球したり送球したりといった守備に関する動作や守備能力の事。
フェア バッターが打ったボールがファールラインの内側に飛んでいく事。
フォアボール バッターが1打席中にボールを4つ選択する事で、「四球」とも言う。
フォアボールを得たバッターはランナーとして1塁に進む事が出来る。
フォークボール ピッチャーの投げる球種の1つで、ボールにあまり回転をかけず、バッターの近くでボールを急激に落とす変化球の一種。
フォースアウト ランナーのいた塁に次のランナーが必ずくるという状況の時、先にいたランナーが次の塁でタッチをされる事なくアウトになる事で「封殺」とも言う。
フライ バッターが打ったボールが弧を描くようにして高くあがる状態。
フェアグラウンド、ファウルグラウンドのどちらでも、地面につく前に捕球できればアウトになる。
フリーバッティング ピッチャーマウンド周辺からボールを投球し、バッターボックスで打つという実践に近い打撃練習。
フリーエージェント 選手が球団にある程度の決められた期間を所属すれば、自由に他球団に移籍出来るようになる権利制度で、FA(Free Agent)とも言う。
選手はこの権利により自身の希望する球団に移籍する事が出来る。
振り逃げ バッターが空振りで三振した場合、その最後のボールをキャッチャーが後方などにそらしてしまった場合に進塁出来る事。
守備側はバッターにタッチするか1塁に走りつく前にボールを送球できればアウトになるが、バッターがタッチされずボールより先に1塁に到着できればセーフとなる。
フルカウント 2ストライク3ボールの状況。
プルヒッター 球種やコースにかかわらず、力でボールを引っ張るバッティングをするバッターを呼ぶ。
フルベース 本塁以外の全塁にランナーがいる状況の事で「満塁」とも言う。
ブルペン ファウルグラウンドの一部や外野フェンスの奥など、球場の一角に設けられた投球練習用スペースの事。
ブロックサイン 敵に見破られないように、複数の動きを組み合わせた高度で複雑な合図。
フロント 球団経営の首脳陣。
へ行
併殺 1つのプレーを機会に2つのアウトを同時に取る事で「ゲッツー」「ダブルプレー」「重殺」とも言う。
ヘッドコーチ 監督のサポートを行う等、コーチの中で最も権力のあるコーチ。
ヘッドスライディング 両手を伸ばしてベースに飛び込むようにして行うスライディング方法。
ベースに速くたどり着いたり、タッチをかいくぐる為に行う事が多い。
ペナントレース 総当りで行うリーグ戦の事。
ベンチウォーマー ベンチを暖める補欠選手の事を指す。
ほ行
ボーク 塁上にランナーがいる状況で、ピッチャー、もしくはキャッチャーが、ランナーをアウトにしたり進塁されにくくするために行う反則行為で、審判がボークを宣告すれば、ランナーは各1個の進塁が認められる。
補殺 「刺殺」を行った選手に送球した選手に与えられる記録。
ポジション 選手の守る位置。
没収試合 片方のチームが試合を放棄するか、著しい違反行為があった場合に、試合の経過にかかわらず、審判の試合終了宣告によって勝敗が決まる事で、「フォーフィッティッドゲーム」とも言う。
ポスティング
システム
プロ野球選手がメジャーリーグへ移籍するための入札制度。
このシステムを利用した選手に対し、獲得を希望する球団が獲得希望金額を入札するが、複数の球団が入札した場合は最も高額な金額を提示した球団が選手を獲得する事が出来る。選手のいた球団は選手を失う事になるが、移籍先の球団から移籍金を受け取る事が出来る。
現状ではFAを取得するまでに長い年月を要するため、所属する球団が認めないとこのシステムは利用できない事と、選手自身の希望する球団に入る事も出来ない。
ホットコーナー サードの守る守備範囲の事。右利きのバッターが強く引っ張る強烈な打球が、三塁付近によく飛んでくる事からこう呼ばれるようになった。
ポップフライ 当たりそこなって軽く飛んだだけの小さなフライの事。
ホーム チームの本拠地や本塁ベースの事を指す。
ホームスチール 三塁ランナーがピッチャーまたはキャッチャーのスキをつき、本塁へ走る盗塁の事。
ホームラン ノーバウンドで外野フェンスを越える打球を打つ事で「本塁打」とも言う。
外野フェンスを越えなくても、ヒットなどによって打球がグラウンドを転がっている間にバッターが一気に本塁まで帰ってくる場合は、「ランニングホームラン」と言われる。
ボール ピッチャーの投げた球がストライクゾーンを通らなかった場合。
ボールインプレイ 試合が続行中の状態。
ボールデッド 審判がタイムを宣告し、もとの状態で試合が一時ストップする事。
ホールド リードしている状態で途中登板し、逆転される、もしくは同点に追いつかれる事なく次のピッチャーに繋ぐ事の出来たピッチャーに与えられる記録。
最終的に自チームが勝利をおさめていたり、先発投手、勝利投手、敗戦投手、セーブ投手でなく、最低でも1アウトは取る事など、一定の条件を全てクリアしていれば、そのピッチャーにホールドが記録される。
ボーンヘッド 簡単な失敗をする事。
ページトップへ