ファンメッセージボード
ベースボールパーティーブログ
スタッフブログ 一覧へ
プライバシーマーク
野球観戦デートの魅力
野球観戦デートの魅力ソフトバンクホークスファンの皆様が集まる、野球婚活ベースボールパーティーにご参加の皆様は、カップルになったら野球観戦デートを楽しまれることでしょう。しかし、野球婚活以外の婚活パーティーで良いなと思う人がいた場合、スポーツ観戦デートに誘って良いのか悩む男性、いませんか?

気になるあの人を誘って、スポーツ観戦で親密な空気を作りましょう!
野球観戦はデートで誘ってOK?

野球観戦はデートで誘ってOK?「女性はスポーツ観戦に興味がなさそう」と考える男性、けっこう多いです。しかし、実はそんなに深く悩まなくても大丈夫。普段女性だけではなかなかいかない場所だからこそ、気になっているという方が多いのです。

また、野球を含みスポーツ観戦が好きな女性は意外と多いもの。まずは尻込みせずに誘ってみましょう。

野球観戦デートの魅力

野球観戦デートの魅力スポーツ観戦は、二人で同じものを見て、一緒に盛り上がる事ができます。映画なども、一緒に同じものを見て後で感想を語り合うことができますが、スポーツ観戦は、その場で手を取り合って喜ぶことで、映画以上に同じ時間を共有している意識がわくでしょう。

また、ドームの雰囲気も最高です。テレビで見るよりも広くて大きなスタジアム。期待に満ちた顔でワクワクしながら集まる観客。会場中にこだまする声援。誰にも結果が分からない試合。点が入る度に会場中が湧き盛り上がります。

興味がないけれど何となくスポーツ観戦をOKしてしまったと言う女性も、終わる頃には「来て良かった」と思うこと間違いありません。

野球観戦の作法

野球観戦デートの魅力スポーツ観戦は二人の距離を一気に縮めてくれる最高のデートスポットです。しかし、デートと言うことを忘れてしまうと、ただの楽しいスポーツ観戦で終わってしまいます。

スポーツ観戦デートのマナーをお伝えしますので、しっかりとチェックしてくださいね。

●会場近場のレストランを予約しておく
野球観戦でくたくたになった女性を連れて、レストランを探し回るのはお互いに辛いものがあります。デートの計画を立てる際に、必ず近場のレストランをチェックしておきましょう。

試合が何時に終わるのか分からない場合でも、レストランに問い合わせれば試合後の予約をOKしてくれるところも。「○時開始のソフトバンクホークスの試合の後に行きたいのですが、終了時間はおそらく○時かとは思うのですが、ずれてしまう可能性もあります。試合後の予約できますか?」と尋ねてみてください。

また、うまく予約が取れなかった場合は、試合終了後、チェックしておいたレストランに問い合わせを入れましょう。

●試合前に食事をする場合
試合前に食事をすませ、試合後は解散の流れもOKですが、珈琲を飲んで帰ろうと言う話になった時のため、休憩できるお店をチェックしておくことをおすすめします。何より、試合後は気持ちが盛り上がっており、二人の距離が急接近するタイミングです。そこで解散はもったいなくておすすめできません。

●デートの計画は時間に余裕をもって
男性と女性は歩幅が違い、歩くスピードが違います。また、初デートなどでは野球観戦とはいえ、おしゃれをしてヒールのある靴でデートに来る女性も。そのため、デートの計画は必ず時間に余裕を持って移動できるよう計画するのが、できる男性です。
ギリギリで女性を走らせてしまうようなNGデートにならないよう気を付けてください。

●女性は運動靴など歩きやすい靴で
野球観戦は、屋外で人が多い環境のため、思っている以上に体力を消費してしまいます。動きやすい服+歩きやすい靴が鉄則です。スカートではなく、キレイめのパンツで行きましょう。

●ウンチクは語るな
野球観戦デートで相手をがっかりさせてしまうのが、ウンチクを語る人です。喜ばせようと頑張っているのは良いのですが、聞いていて疲れてしまいます。聞かれた時だけウンチクを教えてあげるようにしましょう。その方が喜ばれて、あなたのポイントが上がります。
ウンチクを語るよりも、一緒に盛り上がり楽しむことを第一優先としてください。

●ルールは覚えて行こう
ソフトバンクホークスの婚活パーティーに参加する女性なら大丈夫でしょうが、ルールくらいは覚えて観戦デートを楽しみましょう。ルールが分からなければ楽しいと思えないことも多いですし、彼に聞いてばかりだと彼が試合を楽しむことができません。あまりにも基本的な事を聞いていると「それくらいは勉強してきてよ」と思われてしまいます。

もちろん、ルールを勉強したうえで分からないことがあれば、彼に質問を投げかけてOKです。大好きな野球のことを聞かれるのは彼も嬉しいもの。ウンチクに力が入っていても、優しく最後まで聞いて、「詳しいんだね!分かりやすかった。ありがとう」とお礼を伝えましょう。

ページトップへ